FC2ブログ
 アプロスブログ
日本橋で通販化粧品会社を営む スタッフが綴るブログです。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
(・∀・) <日光結構いろは坂…の旅
(・∀・)ノシ <でーんでん むーしむし こたつむり~♪

寒くなって来た為、土日はもっぱら巣篭もりこんぶです。
それでも車生活になってからは若干外出は増えた…気がします。
ちなみにときメモ。まだやっています。Nintendo DS版を…。
氷室先生にメロメロな私。どうかそっとしておいてください。

夏の終わりに行った日光・中禅寺湖ですが、初日に立ち寄る予定だった
明智平(ロープウェイ)駐車場にて衝突事故が発生した為、駐車できず、
そのまま上まで登り、中禅寺湖遊覧船に。

元来、写真は撮るのも撮られるのもドヘタな為、船内でもいちゃつく
カップルやはしゃぐ子供の奇声もガン無視で、写真を撮る訳でもなくひたすら

       ボ─(・∀・)─ッ

としていると、遊覧船のスタッフのおじさんが時折あらわれては、
パンフレットやぽつりと浮かぶ小島の説明をしてくれました。

  【自殺志願者】と勘違いされた気がします。

それにしても、夏の終わり~紅葉前の中禅寺湖のお店は微妙にさびれ感。
そのまま戦場ヶ原を超え、湯元に2泊予約していた旅館へ。

何故同じ宿に2泊かというと、
① 探すのに疲れた
② お一人様受け入れ宿が少ない
③ 那須旅の時に宿移動に疲れた…。

それよりも魅力なのは、朝のチェックアウト~15時チェックイン開始までの
数時間は、連泊客以外のお客さんがいない為、露天付大浴場がほぼ貸切。

しかも別料金の貸切露天風呂も深夜0時を過ぎると無料で利用可能になる為、
2日連続で夜中の1時頃にひっそり利用。
そして昼間は誰もいない大浴場の露天風呂でまったり。

お部屋にはミニキッチンもあり、朝食に出た牛乳でカフェオレを作ったり。
連泊にも関わらず、ミニ冷蔵庫の中に、初日にはウェルカムフルーツ、
二日目にはウェルカムケーキが無料のミネラルウォーターと共に入ってました。

湯元の中では価格の高い旅館(ホテル)ですが、料理は部屋出し、
湯葉・湯葉・肉・山女・松茸・梅酒にビール。夜のご飯は毎度その場で釜炊き。
朝食も、朝焼きクロワッサン等、盛りだくさん。

たらこさんと一緒に ゲフー(・∀・)=3
初日


二日目

同じ宿に連泊は正解だったようです。

さて、観光ですが…初日に行けなかった明智平に再挑戦…でしたが、バイクツーリング多し。
ここでも件のスカポンナビがやってくれたおかげで、一度いろは坂を下ってしまい、また登る羽目に。
※日光いろは坂は登りと下りで道が別れており、さらに一方通行のため、一度入ると引き返せません。

無事に明智平へ到着。ロープウェイで上に上がり、華厳の滝~中禅寺湖が一望できるスポットにて
改めて自分のカメラセンスのなさに打ちひしがれ、お昼は中禅寺湖畔の洋風レストランで
なんとか牛のハンバーグを食べ、再び戦場ヶ原経由で昼過ぎには湯元に帰り、
誰もいない大浴場と露天風呂でまったり。
…観光よりも、ドライブと心の癒しが目的なので…(言い訳)

最終日はあいにくの雨。それでも行きます日光東照宮。たぶんもう行かない日光東照宮。
砂利道多すぎ・眠り猫小さすぎ。そこだけ観光客もカメラ構えて猿団子状態。
石段を登って登って、家康の墓をぐるっと一周し、早々に東照宮を離れた頃には雨もやみ、
残り時間はお土産時間。鬼平の水羊羹・ニルヴァーナのチーズケーキ・バターせんべい等々。
午後から都心方面は込み始めるので、またしても早めに日光を後にしました。


総評:またあの宿に行きたい。が、東照宮はもういい。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.