FC2ブログ
 アプロスブログ
日本橋で通販化粧品会社を営む スタッフが綴るブログです。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
(・∀・) <疲労困憊・卒検(前編)
(・∀・) < 「栗あんぱん」恋しい季節のこんぶです。
やはり栗粒あんより、こし(栗)あんです。
たぶん白あんと一緒に練ってるんでしょうけど。

さて、長い間書いていなかったのですが、丸々1か月かけ学科試験の勉強虫。
無事に効果測定を94点で合格し、その翌週の「みきわめ」は一ヶ月ぶりの車。
縦列・方向変換。もろ失敗で、「不可」。

不可なので、みきわめはそこで中止となり、先生と仲良くギコギコ縦列駐車&方向転換。
翌日の再みきわめで一応合格。
「一応」がつくのは、スピードの落とし方が間違っているそうで、、、

「カーブではフットブレーキじゃなく、アクセルから足離せばスピード落ちるから」
【・∀・】<すぐに落としたいんです。
「だから…早いうちから落としておけばいいでしょ」
【;・∀・】<ぎくー。

かなりの不安要素を残しつつ、先日の土曜日に卒業検定。
100点満点から減点方式で70点以下で失格。
試験を受けるのは若人多めの15人。そのうちマニュアル8名。
まずは、試験監督の指示に従った経路の走行。路肩に一時停車し、
今度はそこからゴールまでを自主経路です。

【・∀・】<小回り・徐行・ウィンカー…
『はぃ、じゃぁここからは自主経路になります。地図見て』
【・∀・】<えと、こういって、こうウネウネ行きます。(指なぞり)

  出発・進行

【・∀・】<ブーン………。
『………。』

とりあえず、快調に走っていますが、気になる事が1つ。
スピードメーターの下の赤く光るマーク。

【・∀・】<(あれ?この赤いマークなんだっけ?えーと)

思い出せないまま、1キロほど走ったでしょうか。
見計らったように監督が一言。

『………こんぶさん、ハンドブレーキ完全に降りてない』
【;・∀・】<ハ、ハィ(それだー!!)

信号のない横断歩道で歩行者無視で進行したら検定中止。
監督が補助ブレーキ使っても検定中止。
監督から指示があった場合、内容によっては検定中止。

【・∀・】<………。
【;・∀・】<………。

もう一人の子の検定を後部座席から見ている間、魂の抜け殻状態。
そのまま、教習所に戻り、方向転換。その後10分ほど待ったのち、
教室へ移動。
校長先生が合格者を読み上げていきます。

「えー…、今回の合格者は15人中、14名です。」

∑(・∀・) <ギクー!

   つづく。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.