FC2ブログ
 アプロスブログ
日本橋で通販化粧品会社を営む スタッフが綴るブログです。
200908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200910
(・∀・)< 路上教習①~③
(・∀・)<無駄な出費は限りなく抑え、
      とうとう始まりました路上教習。こんぶです。

レベル:2段階
◎学科 □□□□■■□□□□□□□□□□□
◎実技 ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□(19時間)


「教習のしおり」
それは、全生徒が入校時にもらう必須アイテム。ひのきの棒。
そこには、技能教習の予約の取り方や、キャンセルの仕方、
何時限目は何を教わるか、中間試験→仮免許の申し込みの仕方など
教習の1・2段階のステップに進む上での説明がされている、
とても大事、とても重宝な魔法の冊子。

そこにですね。

第2段階1時限目:所内

って書いてあるわけですよ。
所内というのは【教習所内】という意味で、確かにしおりには
「1時限目:路上運転に当たっての注意や日常点検などを覚えます」
と書いてあります。

(・∀・)<今日は気を張らずにいけますなぁ。ヒヒヒ…


……うそつき。

確かにしましたよ。日陰に移動して、ボンネットあけて、
「ここが冷却水の補助タンクで、ここがブレーキオイル。この目盛が減っていたらどこかで漏れてる可能性があるという訳。これがバッテリー。毎日運転する車の方が持ちがいい。云々」

(・∀・)<なるへそー。ハイブリットも構造は同じなんですか?

「そうだね。エンジン以外はほぼ同じ。じゃあ後へ行って、右折ランプついてる?ハザードは?」

(・∀・)<点いてます。

「それじゃぁ前後確認後、助手席乗って外へ行こうか」

(・∀・)<はぃ。
(・∀・)<……。
(・∀・)<えー…………そと?

「点検だけで50分もやらないから。所内でやる事があるから【所内】になっているから皆外へ行かないと思っているけどねー。はい、しゅっぱーつ。」

最初の2キロぐらいは教官が運転しましたが、途中で交代。

ぶるんぶるーん 【・∀・】=3

(※路上教習時は 【・∀・】 に変身。)

所内では時速30キロでびびっていましたが、実際に公道を走ると時速40キロでも若干ゆったり。

「あの標識見て。ここは制限速度40キロだけど、交差点を抜けたら50キロになるから」
【・∀・】<ハ、ハィ。
「今日は最初だから目視確認を忘れてもうるさく言わないから、慣れて」

さすがに超直線でこんなに運転した事がない為、アクセルとブレーキが使いこなせていません。
制限40キロで50キロの勢い。。
1時限からいきなりドーンと走らせる生徒はそういないそうです。

さすが仮免試験でスピード出し過ぎと言われただけあります。

「足がアクセルとブレーキに行ったり来たりしすぎ」
「右に寄ってる。キープレフトだよ」
「ゆるやかなカーブだから速度落とさなくていいから」

     【;・∀・】<あわあわ……。

「こっち優先道路だからいっちゃって」
「」
「そこは別に歩道があるから白線越えちゃって」

     【・∀・;】<あわあわ……。

「あれは補助信号。カーブの先にすぐ信号あるから」
「前の車にちかづきすぎ。もう少し離れて止まって」
「信号のない横断歩道で子供が待ってるよ!一時停止して渡らせる。これを忘れると試験中止だから」
(↑実はこの状況はそうそうめったに出くわさないそうで)

     【・∀・】<ひぃぃ!(本当に言ってました)

楽しくなさそうにみえますか?

普段、交通手段が電車の為、他の沿線沿いの始めてみる街にワクワク・テカテカ。
新緑の並木沿いを超直線50キロ。

【・∀・】ノ<楽しくない訳ないですよ。(せわしないけど)
このまま じゃすこへ行きたい気分(でも立体駐車場ムリ)

来週は『応急救護処置Ⅰ-Ⅲ」をお送りします。
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.