FC2ブログ
 アプロスブログ
日本橋で通販化粧品会社を営む スタッフが綴るブログです。
200906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200908
(・∀・) <ウホッ!虎の巻
(・∀・) <アツはナツいですね。こんぶです。
今回のカキコミも長く、教習車の中も暑いですよ。

レベル:1(段階)■が修了・□が未修了
◎学科(計10時限)
■■■■■■■■■■→完了の為、中間試験へ…

◎適正:済(運転する性格:とりあえず問題なし)

◎教習(落ち着いてみたところ、計20個のハンコが必要)
1 2 3 4 5 6 7 8 | 9 10…            20
■■■■■■■□| □□□□□□□□□□□□

◎縁石乗り上げ回数       2回(どちらも左折)
◎力の入り過ぎと怒られ回数  5回(つまりほぼ毎回)

「8」がハンコもらえず空いてますね…。
えぇ、右左折です。ハンドルとタイヤの回り具合が分かってません。
戻し量も分かってません。

(・∀・) <嗚呼、やんなっちゃいます。

それよりも。当初不安で、絶対縁石に乗り上げると思われた、
7番の「決められた位置に停止」が上手くできました。
それもこれも某教官のおかげです。
普通の教官が5分くらい掛ける教習本に10分掛けてぐりぐりと
教習車のありとあらゆる部分がどこの目印になるかを教えてくれました。
たとえば「決められた位置に停止」の場合。

①減速し、ボンネットの中央部分が縁石と(視界が)合う迄ジリジリ左寄り。
②合ったらすぐにハンドルをまっすぐ(10時10分)に。
③ボンネットの左のコントロールランプが停止線(ポール)より気持ち前に来たところでストップ。
あら、不思議。丁度停止線&縁石から30~50センチ寄りで停車できました。

(・∀・) < 素晴らしいです!教官!
(※この目印はあくまでも、私の通っている自動車学校の教習車の場合です。)

その教官に引き続き右左折も教えて頂きましたが……。

「フェンダーのてっぺんが中央線に並行になるように右に寄って。
あとは(アスファルト上の)右折矢印がボンネットとフェンダーの境界線に沿うように!」

       右折!

(・∀・) < ……。ぐぃ。

「回し過ぎ!」

∑(・∀・) < ぐぃ。

「(戻すの)早い早い!視界はあっち!こっちが優先道路だけど左右確認」

       右折!

(・∀・) < アワワ!ぐぃ~。

「回し過ぎ!3/4ぐらいでいい!」

すみません、こんな状況でハンドル3/4がナンボのものか判断できません。

この直後左折です。右折以上に疲れます。
「とまれ」で一旦停止後…

       左折!

(・∀・) < ぐぃ~。

「早い!足らない!回して回して」

(・∀・) < 早い?足りない!? ひぃ~。グルグル…(いたって真剣)

       ガッコン。

…前回もそうでしたが、どうやら縁石に乗り上げるとハンコくれないようです。

これは復習をしないと次またハンコもらえない!でも、家は誘惑がイッパイ…
と、いうわけで送迎バスを降りたのち、19時半~22時半まで駅そばのインターネットカフェへ。
インターネットカフェって初めてだったのですが、とても静かで机もあって勉強に最適。
2時間みっちりノートに予習・復習、1時間みっちり漫画読んでました。

【多事総論】
今回受けた2時限とも、えらくシートが前になるように座りなさいって指導を受けました。

(・∀・) < センセイ、ハンドルを目いっぱい上にしても、太ももが当たりそうなんですが…。

「いや、それくらいないと駄目」

∑(・∀・) < マジデスカ !?

どんだけ太いんだ。このフトモモ…
そしてどんだけ手足の長さのバランス合ってないんだ…
あまりのショックに帰宅時、人差し指を鉄のドアに挟みうっ血。

しかも翌日は、右半分筋肉痛です。

次回は「右左折・再び」と「坂道発進」「後退」をお送りします。
たぶん。
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.