FC2ブログ
 アプロスブログ
日本橋で通販化粧品会社を営む スタッフが綴るブログです。
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
石窯パン
独身最後の3年間を江ノ島で過ごしました。
ビーチまで3分ですから夏に限らず一年中海に出ていましたね。
日曜日の朝など(当時は土曜日は普通に出勤でしたね。)は
134号線をのんびり自転車で鎌倉まで朝ごはん食べに行ったりして。

そんな古い記憶がふっとよみがえり、
日曜日の朝、突然「鎌倉に朝ごはん食べに行こー!」
と言う事で、浄妙寺というお寺さんへ行ってきました。

http://www.kcn-net.org/senior/tsushin/ttemple/0309taka/index.html

朝9時の境内は静かでお寺の方々が庭の手入れ中。
山門をくぐって手入れの行き届いた庭を進むと堂々たる本堂
本堂を背に今来た道を振り返ると新緑の山々が…
ここが、鎌倉か? と
一瞬錯覚を覚えるほどの景色が広がってます。
本堂の左側に進むと杉苔を主とした枯山水の立派な庭園と茶室

その奥へと進むと突然、
   なぬ ???
大正時代に作られた二階建ての洋館。

コピー ~ 石窯


クラシカルな雰囲気が漂う居心地の良い空間は「石窯ガーデンテラス」
石窯の手作りパン屋さん。 何故、禅寺の境内にパン屋さん??
その関係はよく判りませんが、
見事なイングリッシュガーデンを眺めながらコーヒーと焼きたてのパン。
パンとコーヒーとイングリッシュガーデンで1時間はボーッとして

今度は先程のお茶室へ
庭師の方が庭園の白砂に水面模様をほうきで描いている様を
抹茶をいただきながらボーッと眺め
水琴窟を聞きながらボーッとし
割にじっとしている事が苦手な僕でも2時間はたっぷり
ボーッとしていられました。
いい時間を過ごしました。

これから紫陽花の季節です。
鎌倉が一番美しく装う時かも
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.