FC2ブログ
 アプロスブログ
日本橋で通販化粧品会社を営む スタッフが綴るブログです。
200802<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200804
学生時代の昔話
こんにちは、へっぽこ丸です(^◇^)
(おちゃらけモードは今回お休みさせていただきます。)

いきなりですが、先日学生時代の友達の結婚式に

行ってまいりまして、そこでこんな過去の異物に出会って

しまいました・・・( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

それは、大事件(事件内容は内緒w)が起こってから

お世話になっていた先生に進められて書き出した

短編詩?(なのかな)を友達が持ってきていたのです。

って事で今回は、皆さんが読むの大変かもですが

UPさせていただいちゃいますヾ(@~▽~@)ノ



【時の制約】---------------------------------
人は生まれた瞬間から時間という制約を生涯背負って
生きて行かねばならない。
なぜ制約なのか・・・
それは、人間が生きていく中で、全ての物事に対し、
時間との等価交換の原則が発生しているからである。
人間は成長し生きて行く為に、多くの時間を費やし、
与えられた時間が無くなれば一生を終える。
簡単に言ってしまえば、生活をする為に、己の時間を
差出し仕事をして賃金を稼ぐ、又は、時間を差出して何かを
作り上げていく、何をするにしても自らの時間を支払わなけ
れば、何も物事が起きないということである。
何もしていない状態はどうなのかと言うと・・・人間は
生きていること事態が何かをしている。例えると、ボーっと
呆けているのも、自らが望んで呆ける時間を作っているの
だから(望んでいないが、気力が無くボーっとしてしまう事
も同じである、気力が無いから何も考えない時間を自らが
もとめている)。
全く何もしないと言う事(時の制約から逃れる術)は己の
時間を捨てる、即ち死を意味する事になる。
時の制約を皆が認識(もしくは無意識に)している瞬間
がある、人間が後悔する理由が良い例だ、「あの時に、
なぜあんな事をしたのか」、「あの時をやり直せれば」、
「あの時もっとこうしておけば」・・・、人それぞれに様々な
場面の後悔が皆身に覚えのある経験だろう。
なぜ後悔するのか、それは時間の修正や、やり直しが
効かない事を、自ら認識しているからだ、『支払って(使って)
しまった、時間はもう戻らない』、たとえ修正が出来たと
しても、新たな時間を費やし修正している、過ぎてしまった
時間は、タイムマシーンでもない限り巻き戻せないのだから。
時間の等価交換に付いて、前文で大体の察しは付いて
いると思うが、誤解が生まれないよう、下記に説明しよう。
等価交換とは、等しい物を交換する事と言う意味である
が、等しい物の基準とは一部の物にしか当てはまらない。
なぜなら人が生きる上で物事に対し、人が勝手な判断
基準を設けた、一つの物差しでしかないからである。
対価の時間とは不思議な物で、生を得るためには常に
一定の時間を支払い続けているのだが、人が喜怒哀楽を
感じる事に関しては別である。例えると一瞬の時間で
膨大な悲しみを受け、逆に果てしなく長い時間を掛け
喜びを受けたりと様々に、その場面の状況にて等価に
なるように対価の時間の長さが変わってしまうのだ。
「時の制約」の中で、人は何の為に生き、どのように
己の道を見極めて行くのか、明確な己の道を見極めら
れれば、時の制約を効率よく、こなせる。
いかにして自らの時間を無駄なく差出し、望んだ対価を
受取る事が出来るのか、その答えを見出せれば、素晴ら
しい人生を送る事が可能であろう。
ただ、人は迷うことで新たな道を探し、経験を積み自らを
成長させられるのだから・・・、私は「時の制約」をあえて、
非効率にこなして行くほうが人間らしく生きていけると思う。
「多くを迷い、多くを考え、多くに意義を唱える」方が、
真っ直ぐな道を歩んで行くより、答えが見つかる事のない
道を探し続ける事のほうが、私は人として実りのある
楽しい生涯を過ごせられると・・・。

以上

長すぎて&偉そうな内容でゴメンナサイ ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.